社員教育制度

社員教育制度

佐伯建設を支えるのは何よりも人財です。
教育制度を整えることで、正しいタイミングで、必要とされる適切な内容を理解し、
実際の業務に反映できるようなプログラムが組まれています。

■人財育成体系図

□OFF-JT

階層別研修
◆新入社員研修〔約2週間実施〕

IT関係教育(パソコン基礎、CAD等技術ソフト)
※パソコンは1人1台貸与
ビジネスマナー研修
建設現場見学研修
グループワーク研修
通信教育
安全衛生教育
自衛隊体験入隊(2泊3日合同合宿)

自衛隊(別府駐屯地)体験入隊研修
新入社員研修の締めくくりとして、チームワーク向上のため、プログラムに盛り込んでいます。

社員一人ひとりに貸与されるパソコン
(オフィシャルデスクトップ)の画面

IT関係教育の様子
専任の担当者が丁寧に指導します。

先輩社員を囲んでの研修の様子
まずは自己紹介から。

◆1~3年次フォローアップ研修〔合宿形式〕
 問題発見・提起、グループワーク
 リーダーシップ、チームワークの向上
 コミュニケーションの活用

◆中堅社員研修、管理・監督者研修〔合宿形式〕
 マネジメント能力の向上と実践
 課題解決実践・グループワーク
 部下育成・指導スキルアップ
 人事考課者訓練

◆ビジネスマナー研修(全階層対象)
 初心を忘れることなく、定期的にマナー研修を実施。
 若手だけでなく、ベテランもさらにマナーアップに磨きをかけます。

合宿形式で行われるフォローアップ研修の様子
日頃の業務を離れ、グループワークの中から、学んでいきます。

研修の最後には経営幹部への自社への提言というプログラムも組まれています。

「キャリアアップ研修」の様子

職種別研修

◆技術者研修

○建築・土木所長研修(会議) 年4回実施
<ヨコの連携、情報の共有化をはかり、各現場での業務改善につなげる>
 新工法、法改正、制度改正等の情報のインプット
 現場業務の改善提案
 各現場での成功例、問題点等の報告・発表

○建築・土木係員研修 年3回実施
<若手技術職員の早期の知識習得やスキルの向上をサポートする>
 若手の技術職員へベテラン職員からの技術説明
 新工法、法改正、制度改正等の情報のインプット
 技術資格取得への指導教育

 

◆外部派遣研修
 

○マネジメントスクール(半年間コース)

管理・営業系の職員を大分県産業創造機構主催の「マネジメントスクール」へ派遣し、早期から、経営管理の基本となる知識の修得と、リーダーとしての実践力の養成を目指しています。

○その他にも随時、専門的・技術的な研修・訓練に職員を派遣させ、
 時代に対応した人材育成に努めています。

 

現場を取り仕切る所長研修の様子

新工法のプログラムは「技術の佐伯」を維持するため、取り組みにも熱が入ります。

実際の建設現場での研修も直接反映できることが多く大切です。

ベテランから若手へ。技術の伝承が佐伯建設の歴史を支えています。

□OJT

入社1年目から5年目程度までを基礎教育期間と考え所属部門、現場にて上司、先輩がOJTトレーナーとして、一人ひとりのレベルや環境に応じた教育・指導を行い、早期の知識習得やスキルの向上をサポートしています。

研修の中でも一番効果があるのはやはりOJT。
先輩社員がOJTトレーナーとなり、実際の業務なかで時間をかけ教育していきます。

 

□その他の制度

◆資格取得支援制度
 技術のプロフェッショナルは、お客様に信頼と安心を提供できる有資格者でなくてはなりません。
 現在、約70人の1級建築士をはじめ、各種有資格者がものづくりの現場で活躍しています。
 佐伯建設では、資格取得するための各種サポート制度を充実させています。
 ○資格手当(給与上乗せ支給)
 ○資格取得報奨金(合格時一時金支給)
 ○学費の無利子貸付制度
 ○昇進・昇格に直結した人事制度

資格を取得すると、社内で表彰を受けます。認めてもらうことで、また次のステップに進むのです。

◆求められる資格

◆自己申告制度
 佐伯建設では、毎年、自己申告制度を実施しており、希望の職種や勤務地等は、キャリア形成の情報として登録され、配置転換等に反映していきます。
 視野を広げるため職場ローテーションを実施し、将来的なキャリア開発へ経験を積んでいきます。
◆目標管理制度
 会社の基本方針、品質方針等により、各個人で業務目標、自己啓発目標を年度初めに設定し、目標達成にチャレンジをしています。随時、上司は部下の目標達成のサポート(育成面接等)を行い、そして年度末には自己評価、上司評価を実施。
 個人の能力アップ、成果の向上を図っています。

地域貢献

府内戦紙への参加

 毎年8月に開催される大分の夏の風物詩 大分七夕まつり「府内戦紙(ぱっちん)」に関連会社のパナホーム大分と共同で総勢200名で参加。
 平成2年の第5回大会の初参加より20年以上連続出場をしています。
 社員一丸となって、勇壮な練りと華麗なおどりで地元大分の夏を盛り上げています。

<これまでの受賞実績>

 平成8年(第12回大会) 府内戦紙1等賞
 平成10年(第14回大会)マナー部門優秀賞
 平成17年(第21回大会)練り部門優秀賞
 平成20年(第24回大会)練り部門優秀賞
 平成21年(第25回大会)練り部門優秀賞

この日のために、華麗な踊りができるよう練習を重ねています。

建設会社の腕の見せどころ!?
独自の上下に持ち上げる「サイキ練り」は圧巻。過去に3回、練り部門賞をいただいています。

 「府内戦紙」はもはや社員にとって、楽しみの恒例行事のひとつ。
大分の夏を盛り上げるとともに、社内運動会のような役割も果たしているのです。

大分トリニータへの協賛

 佐伯建設は、トリニータ設立時から地元大分プロサッカーチームの発展のためにスポンサーとして協力しています。

アドボードスポンサーとして、大銀ドーム(大分市)には看板も設置しています。

マナーアップ運動

 平成14年より、地域の環境美化、マナーアップの一環で会社近隣の清掃活動を継続して行っています。
 また定期的に行われる「やまびこ運動」(交通安全運動)に積極的に参加し、交通安全を呼びかけています。

毎週火曜日の朝、清掃活動を実施しています。

 佐伯建設本社ビルに面する
 新川交差点にて交通安全運動を実施しています。

献血活動

 佐伯建設は永年にわたり、日本赤十字社が行う献血活動に協力しています。

ノーマイカーデー

 「ストップ地球温暖化 大分県ノーマイカーデー」に、大分本社在勤者を中心に取り組んでいます。

Print Friendly, PDF & Email