佐伯建設株式会社ロゴ 佐伯建設株式会社

地球温暖化防止の一環として、建築物の消費エネルギーを一定の基準で減らすZEB(ゼブ)化が注目されています。
ZEBとは、Net Zero Energy Building(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)の略称で、快適な室内環境を実現しながら、建物で消費する年間の一次エネルギーの収支をゼロにすることを目指した建物のことです。

ZEBプランナーは一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)の認証を取得した企業等で、建築主等からのZEB化の依頼に基づき、設計、コンサルティング等ZEBプランニングに係る業務を行います。
当社は2023年1月にZEBプランナーを取得。新築・既存改修工事を通じて、ZEBの実現、普及に向け省エネ建築物の普及を促進していきます。

出典 環境省 ZEB PORTALより

【2022年度受注実績】

2022年度ZEB受注実績
建築物の規模 300㎡未満 0件
2,000㎡未満 0件
2,000㎡以上 0件

【ZEB設計業務の受注目標】
当社は、2025年度に自社が受注する設計業務のうちZEBが占める割合を50%以上を目標とします。

ZEBプランナー(フェーズ2)登録
登録番号:ZEB2022P-00154
登録名:株式会社 佐伯建設
登録種別:設計

(仮称)ガリバー下郡店新築工事 ZEB Ready認証取得

当社は再生可能エネルギーを除き、基準一次エネルギー消費量から50%以上の一次エネルギー消費量削減に適合した建築物である「ZEB Ready」をこの度「(仮称)ガリバー下郡店新築工事」に於いて認証取得しました。
また、同時に建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)認定の最高評価(五つ星)にも認定されました。
これは、国土交通省が定めた非住宅建築物を対象とした省エネルギー性能等に関する評価・表示を行う制度です。

本工事の主な特徴として建物内商談エリアの全面ガラス張りとなる部分は複層ガラスとし、高効率空調を採用し空調負荷の低減を図りました。これにより、一次消費エネルギーの年間消費量は55%削減となります。
工事規模は、3棟ある建築物のうち、商談・整備棟となる対象建物はS造平屋建て。延床面積1,403.42㎡であり、2024年4月完成予定です。

ZEBに関するお問い合わせは
本社営業部
電話:097-536-1540