佐伯建設株式会社ロゴ 佐伯建設株式会社

HOCHOBAUM SAKURAZAKA(桜坂の集合住宅)

photo by Kouji Okamoto (TechniStaff )
photo by Kouji Okamoto (TechniStaff )
photo by Kouji Okamoto (TechniStaff )
photo by Kouji Okamoto (TechniStaff )
photo by Kouji Okamoto (TechniStaff )
photo by Kouji Okamoto (TechniStaff )
photo by Kouji Okamoto (TechniStaff )
photo by Kouji Okamoto (TechniStaff )
photo by Kouji Okamoto (TechniStaff )
工事名称
HOCHOBAUM SAKURAZAKA(桜坂の集合住宅)
所在地

福岡県 福岡市中央区桜坂

構造・規模
鉄筋コンクリート造 2階建
その他
第23回福岡県美しいまちづくり建築賞
建物作品紹介
第23回福岡県美しいまちづくり建築賞にて
(財)福岡県建築住宅センター奨励賞を受賞しました。
福岡市HP http://www.pref.fukuoka.lg.jp/f17/kentikusyou-kettei-23.html

講評
指定保存樹と里道を保全する計画的配慮が、この建築の価値を高めている。敷地の西側を貫通した都市計画道路は、この敷地の旧い景観を大きく変貌させた。しかしこの建築計画では、敷地南東端に残されたクスノキの大樹と里道のある風景を、建築点景の主要な要素として取り込むとともに、旧い土地の雰囲気を残す街角を再生することを目標としている。建築をつくることと、歴史的文化的景観を守り続けることは、同じ価値を持つという良例である。
屋根に降り積もる落葉対策を、庇の軒先に横樋を付けずに工夫した設計も見応えがある。深く長い庇は、リビングルームから大樹と空を眺める水平額縁となって、伝統的な日本家屋の軒先空間を彷彿とさせる趣がある。
総じてこの建築は、里道に沿った敷地の高低差をうまく利用して、建て主住宅、賃貸集合住宅、貸店舗をコンパクトに階段状に集合させたことが功を奏している。新しい建築と保全すべき地域景観とが、望ましい形で調和している作品である。

担当者コメント

奥行き約40mの敷地で高低差が約8mあり、進入口も4.5m程度しかなく、福岡市指定の保存樹である大きな楠木もあり、ラーメン構造と壁構造の2つの建物が隣接する、私にとっては非常に難しい建物でしたが、この建物に携わった全ての方の協力のおかげで竣工し、また名誉ある賞も受賞できました。関係者の皆様にこの場を借りてお礼を申し上げます。

佐伯建設 建築工事部 加藤賢士