• 公共施設
  • 商業施設
  • 医療・福祉
  • マンション
  • 住宅
  • エコフローラ
  • 工場・倉庫
  • 神社・仏閣
  • 土木工事

大分市美術館

大分市美術館

作品紹介
1999年2月開館。大分市市街地の南側にある上野の森の丘陵地に位置し、近隣の大分県立大分上野丘高等学校、楊志館高等学校等の学校とともに文教地区を形成しています。
国の重要文化財を含む田能村竹田を中心とする豊後南画や、高山辰雄、福田平八郎の日本画、洋画の佐藤敬、竹工芸の生野祥雲斎、現代美術では風倉匠、存命作家では吉村益信や赤瀬川原平、篠原有司男等のネオ・ダダを含む、大分県、大分市にゆかりのある美術家の作品を中心に収蔵、常設展示している。ゴヤ、浜田知明、駒井哲郎、加納光於、ジョセフ・アルバースなどのまとまった版画のコレクションも充実。 企画展示室では年間を通じて国内外のさまざまなタイプの特別展を年間7回程度開催している。屋外には原口典之、青木野枝、剣持和夫といった現代彫刻なども設置しており、散策コースの公園と一体になった芸術的環境を形作っている。 教育普及活動にも力を入れており、子ども講座をはじめとする各種講座を行っています。

第41回建築業協会賞に選ばれました。大分県内での受賞は大分市庁舎、ビーコンプラザに続いて3件目。建築業協会賞は、建築物の分野では社会的ニーズとの適合、デザインの斬新さ、施工技術、地域の環境、施設の運用や管理状況などを総合的に評価するもので、国内最高の名誉とされています。
物件概要
【所在地】
大分県 大分市大字三芳
【発注者】
大分市 様
【構造・規模】
鉄筋コンクリート造 2階建
【Web】
http://www.city.oita.oita.jp/www/genre/0000000000000/1000000003006/index.html
【竣工年月】
1998年10月
【その他】
第41回建築業協会賞受賞
担当者コメント