• 公共施設
  • 商業施設
  • 医療・福祉
  • マンション
  • 住宅
  • エコフローラ
  • 工場・倉庫
  • 神社・仏閣
  • 土木工事

大分銀行 赤レンガ館

大分銀行 赤レンガ館

作品紹介
赤レンガ館は、大分県大分市府内町の中央通り沿いにある建築物。大正2年(1913年)に旧第二十三国立銀行本店として建てられ、大分銀行本店となった後、現在は大分銀行ローンプラザ支店として使用されている。設計は、東京駅などの設計で知られる辰野片岡建築事務所(辰野金吾・片岡安)。国の登録有形文化財に登録されている。英国から輸入した赤レンガに白い御影石の帯を巡らせ、屋根にドームを配した典型的ないわゆる「辰野式」の建築であり、大分市中心部に残る唯一の洋館である。

大正初期から旧第二十三国立銀行本店、旧大分合同銀行本店として使用された。第二次世界大戦末期には空襲で壁のみを残して焼失したものの、戦後修復され、昭和41年(1966年)8月に新本店に移転するまで大分銀行本店として使用され続けた。本店移転後は、府内会館として貸しホールなどに使われていたが、大分銀行の創立100周年を記念して改築され、平成5年(1993年)1月に赤レンガ館として竣工。再び銀行業務に用いられることになった。現在も現役の銀行支店として使用されているほか、1、2階には市民も利用できるホールが設けられている。 
物件概要
【所在地】
大分県大分市府内町2-2-1
【発注者】
株式会社大分銀行 様
【構造・規模】
【Web】
http://www.oitabank.co.jp/
【竣工年月】
1912年01月
【その他】
BELCA賞、グッドデザイン施設部門賞、大分市建築大賞
担当者コメント