設計・生産設計

佐伯建設 設計・生産設計

佐伯建設の設計

 佐伯建設は、一級建築士事務所(本社、北九州支店、熊本支店)として、お客様からの様々なご要望にお応えし、より満足度の高い建設を実現するために設計部(意匠・構造)を設置しています。経験豊富な設計技術者が、あらゆる建設分野(各種建築から設備、土木に至るまで)の設計に日々取り組んでいます。

お客様の建築計画へ夢や想いを尊重した上で、これまでの実績や現場で培ったノウハウを総動員し、実際の建設現場で建物を具現化するための指針となるような設計を心がけています。

設計の基本理念

 どの様な建物の設計も、まずは直接会って、お客様に建物への夢や想いを語っていただくことが大切になります。
夢や想いを聴いてはじめて、設計担当者が建物の形をイメージしていきます。
そういったプロセス抜きには、お客様、そしてその建物を利用される方々に満足はしていただけません。

~お客様へのメッセージ~

  • お客様の夢と、建物への想いをお聞かせ下さい。
  • 私たちは耳と心で、お聴きします。
  • お客様の言葉で、私たちはかたちをつくります。
  • 「言葉はかたちをつくる」をモットーに、お客様と感動を共有できる建物づくりのお手伝いをさせて頂きます。

ご提案の表紙
「夢をかたちに」という想いを込めています。

設計・施工について

 設計の段階からお手伝いし、建物の施工をさせていただくことを「設計・施工」と称しますが、佐伯建設はこれまでに数多くの「設計・施工」の建物を経験してきました。

設計の段階から、きめ細かいお打ち合わせをさせていただくことは、お客様のご要望を反映させる機会が増えることを意味します。建物の大小を問わず、いかに密度の高いお打ち合わせをし、精度の高い設計を行い、そして、それを施工の現場へと確実に連動させていく・・・
そうすることで、アフターケアを含めすべてのプロセスを信頼のある佐伯建設に一元化することが出来ます。

「設計・施工」というスタイルで建物を実現させた実績は、延べ合計で約1450件にのぼります。
中には、完成した建物にご満足していただき、その後、複数回にわたりご依頼いただいたり、また、他の方のご紹介など、多くのお施主様とのつながりで「設計・施工」は成り立っているのです。

設計物件用途別実績(1960年以降)

合計約1,450件

最近の設計施工建物のご紹介

佐伯建設がこれまでに「設計・施工」として携わった建物をご紹介します。
大規模な公共性の高い建物から、個人クリニック、住宅、事務所、そして社寺・伝統建築までありとあらゆる実績がありますが、スペースの都合上その中の一部のご紹介となります。


大分銀行南支店

若宮八幡社 神楽殿

東筑紫短期大学新2号館

日本文理大学校舎4号館

福島病院病棟

萱島酒類「福寿屋」

クレドホテル臼杵

宮部歯科医院

舞鶴の家

ひらた呼吸器内科クリニック

OC本社ビル

大分銀行関連ビル

大分銀行古国府文書センター

Law Station城崎

田尻クリニック

サザン・アヴェニュー金池

春日神社 社務所・参集殿

設計業務の流れ

(1) お打合せ
お客様とご計画に関する夢や想いなどのご要望をお伺いいたします。
↓
(2) 調査・基本計画
敷地測量、地盤調査を行い、敷地環境、周辺環境を考慮した上で、基本計画を行い、建物の機能やデザイン、コストを検討いたします。
↓
(3) 基本設計
基本計画をもとに設計条件をまとめ、建物の仕様・機能・デザイン構造・設備を決定していきます。

完成イメージをご理解いただく為、パース、模型などを使いプレゼンテーションさせていただきます。

概算金額のご提示
諸官庁との事前協議
重要事項をご説明の後、設計工事監理業務委託契約のご締結

↓
(4) 実施設計
技術的・法規的検証を行い、意匠・構造・設備(機械・電気)の詳細設計図を作成いたします。

見積書のご提出
諸官庁及び確認申請機関への許認可申請

↓
(5) 工事監理
工事着工後、工事施工の為の施工図面等の承認を行います。
お客様と詳細打合せ・色決め、使用材料の決定を行います。
建設現場では検査・立会いを行います。

完了検査
(設計検査・建築確認申請機関検査・消防署検査・お客様による検査)

<社内検査>

↓
(6) アフターケア
専門の知識を持つスタッフによる定期点検(6ヶ月・1年・2年)を行います。
特殊建築物等の場合、定期調査報告書を作成し提出もさせていただきます。

<アフターサービス>

 


現地に赴き、正確な調査をすることがよい設計の前提となります。


施工と連動できる精度の高い設計を心がけています。


模型を使うことで、より立体的にイメージすることができます。


建設途中、設計担当も頻繁に足を運び、幾度に渡る検査に立ち会います。

設計スタッフのご紹介

亀谷芳久 設計部長の陣頭指揮のもと、意匠設計・構造設計・機械設計・電気設計を行います。

オフィシャルウェブサイトをご覧の皆様、こんにちは。

佐伯建設は昭和34年、いち早く設計部を設置し、これまでに数多くの建物を世に生み出してきました。お客様の夢をかたち(建物)として実現し、お客様に感動して頂ける建物の設計を行っています。

近年、サスティナブル(持続可能)な社会の実現が叫ばれ、環境との共生、自然エネルギーの利用、既存建物のリノベーションなど設計計画に求められることは多岐に亘り、ますます重要となってまいりました。
建物の存在は、社会や街並みに強い影響を持ちます。いつの時代においても価値を放ち、誰が見ても普遍的に美しく「良い建物だ」と感じていただける設計を目指します。どうぞ佐伯建設の設計にご期待下さい。

設計部長 亀谷芳久

佐伯建設の生産設計

 建物の設計が終わり、施工を行う際に必要となるのが生産設計施工図と呼ばれるものです。
施工図とは、設計図に記載されていない現寸、割り付け、施工順序、方法などを示す施工用に描かれる詳細な図面のことです。多くの建設会社は、施工図を施工図業者に委託していますが、佐伯建設ではそれを専任の社員が作成することで、施工する上で生じる諸問題を早期に解決することや、佐伯建設のノウハウを建物へ反映させることができ、丁寧で品質の高い建物を施工することができます。


施工を熟知した専門スタッフが最新のCADシステムで施工図を作成することで、建設現場の品質向上に貢献しています。

Print Friendly, PDF & Email